P1エミュレータがバージョンアップし、マクロ機能が搭載されたようです

2011/10/11 火曜日 Posted in ソフト紹介, タレコミ | No Comments »

フォーラムからタレコミをいただきました。 (情報提供ありがとうございます) P1エミュレータがバージョンアップし、「P1エミュレータSpecV」という名称になり、マクロ機能が搭載されたようです。   → スーパーマクロエンジン搭載!携帯サイト検証用高機能テスター P1エミュレータ SpecV [p1.netfarm.ne.jp]   P1エミュレータは、国内3キャリア・700機種に対応した、強力なケータイサイト検証用シミュレータです。 先日はiPhoneに対応するなど、精力的にバージョンアップを続けています。   今回の目玉はマクロ機能とのことです。 SpecVでは、サイト検証に必要な一連の操作をマクロとして記録しておくことで、以降は記録した操作を 自動的に実行できます。 端末の切替や端末設定(uidなど)の変更、検証ページの切替といった操作から、リンク先や文字列のチェックなども自動的に行うことが可能です。 ワイルドカードや変数で文字列を指定できるので、目視確認すべき箇所を限界まで削減できます。 また、汎用性の高いマクロはマクロライブラリとしてプリインストールされています。 基本的なチェックの自動実行は最初からすぐに行うことができます。 (※P1エミュレータのサイトより引用)   つまりマクロを組むことで、1機種でマクロを記録して、他の数十機種で自動でテストさせるという、いわゆるテストの自動化が可能になるとのことです。 こういったテスト自動化のツールは、SeleniumやSahiなどがありますが、もちろん携帯の端末を切り替えてのテストには対応していないため、これはテスター待望の機能といえるでしょう。   上のホームページ上から、無料評価バージョンが申請できるようになっていますので、興味がある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。   関連: P1エミュレータがバージョンアップしiPhoneにも対応したようです 「FireMobileSimulator1.1.9」がリリースされ、待望のホスト制限設定機能が追加されたようです 3キャリア対応のケータイシミュレータ、「P1エミュレータ」の無料評価版が申し込めるようになっています Read more..

FireMobileSimulatorにホストごとに端末設定できる機能を追加するパッチが公開されたようです

2011/7/7 木曜日 Posted in 記事紹介・リンク | No Comments »

ケータイウェブ開発では、もはや必須とも言えるツール「FireMobileSimulator」にホストごとに端末設定できる機能を追加するパッチを作成し、公開した方がいるようです。   → KLab若手エンジニアの これなぁに? FireMobileSimulatorにホストごとに端末設定できる機能を作りました [lab.klab.org] → maru source FireMobileSimulatorにホストごとに端末設定できるを機能作りました [d.hatena.ne.jp]   FireMobileSimulatorにはホスト制限機能がありますが、これに端末情報を追加することで、指定したホストでは必ず設定された端末が動くようになるようにしたとのことです。 制作者はKLabのmaruyama-r氏で、パッチと機能追加済みのアドオンは「こちら」からダウンロードできるようです。   パッチを作者に送って返事を貰っているとのことなので、近いうちに本家にもマージされるようですが、興味のある方はダウンロードして試してみてはいかがでしょうか。   関連: FireMobileSimulatorがFirefox4にも対応したとのことです 「FireMobileSimulator1.1.9」がリリースされ、待望のホスト制限設定機能が追加されたようです Firefoxで携帯端末をシミュレートするためのアドオン「FireMobileSimulator 」が1.0.0にバージョンアップしました Read more..

「FireMobileSimulator1.1.9」がリリースされ、待望のホスト制限設定機能が追加されたようです

2009/8/24 月曜日 Posted in ニュース, 記事紹介・リンク | 1 Comment »

夏休み中更新が止まっていましたので、しばらく溜まっていた分の、やや古いニュースを取り上げることをご容赦ください。 8/18付けでFireMobileSimulatorの1.1.9がリリースされていたようです。   → FireMobileSimulater.org トップ [firemobilesimulator.org] → FireMobileSimulater.org FireMobileSimulator1.1.9リリースノート [firemobilesimulator.org]   今回追加された機能は サイトURLのホスト名ごとに端末シミュレートを制限する機能 端末ごとにUIDなどを設定する機能 の2つとのことです。   個人的に待ちこがれていたのは1の機能でした。 これまでFireMobileSimulatorを使って開発を行っていた際には、Googleで調べ物をする際にもいちいち使用を解除しなけれならなかったり、忘れてそのままページを表示してしまって、ケータイの黒枠が表示され「あれれ?」となったり、ということが多々ありました。 これからは開発サーバを登録しておくことで、指定したホストだけで動作させることができるようになり、より快適に開発を行えそうです。   2の機能も、端末ごとにIDを持てるようになり、複数のID使い分けのテストなどの効率があがりそうですね。 ますます便利になったFireMobileSimulatorですが、ケータイ開発には必須と言っても良いアドオンです。 ご利用になっていない方はぜひ導入をオススメします。   関連: P1エミュレータがバージョンアップし、iモードブラウザ2.0に対応したとのことです Ext_JS+PHPを使ったケータイシミュレータ「mobile-simulator」 Firefoxでモバイル端末をシミュレートするアドオン「FireMobileSimulator」 Read more..

P1エミュレータがバージョンアップし、iモードブラウザ2.0に対応したとのことです

2009/8/7 金曜日 Posted in ソフト紹介, タレコミ | No Comments »

takatutoさんからのタレコミです。 (情報提供ありがとうございます) 業務用の3キャリア対応ケータイシミュレータであるP1エミュレータですが、先日8月6日にバージョンアップし、iモードブラウザ2.0に対応したとのことです。   → NetFarm P1エミュレータ トップページ [p1.netfarm.ne.jp] → ニュースリリース 「P1エミュレータ 1.0.1.100」が「iモードブラウザ2.0」に対応 [p1.netfarm.ne.jp] ※PDFです   P1エミュレータは、国内3キャリア・数多くの機種に対応した、強力なケータイサイト検証用シミュレータです。 このソフトを使えば、わざわざ実機を揃えることなく、PC上からケータイサイトの動作を検証することができます。 今年のドコモ夏モデルから採用され、外部CSSやCookie対応、左右キーのフォーカス移動など、数多くの変更があったiモードブラウザ2.0ですが、P1エミュレータでもそれらの新機能がエミュレートできるようになったとのことです。   またなんとマクロ機能を搭載した、「P1エミュレータ スペックV」というバージョンも現在開発中とのことです。 → P1エミュレータ 携帯サイト自動テストツール「SpecV」 [p1.netfarm.ne.jp]   サンプルの画面を見る限りは、SeleniumIDEのような形でテストの自動化を行えるようなイメージに見えます。 このエミュレータは開発者のほかにも、テスターの方が使われている方が多いと思いますので、おそらくこの機能はかなり期待されているのではないでしょうか。   P1エミュレータは、法人限定ではありますが無料評価版の提供も行っています。 ケータイサイト開発は実機だけではコスト面でも効率面でも限界があります。 興味のある方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。 → P1エミュレータ 評価版お申込みフォーム [p1.netfarm.ne.jp]   関連: 3キャリア対応のケータイシミュレータ、「P1エミュレータ」の無料評価版が申し込めるようになっています 3キャリア対応のケータイエミュレータ、「P1 Emulator」に30日ライセンスが登場 P1エミュレータを使ってiモードID機能を開発してみました Read more..

3キャリア対応のケータイシミュレータ、「P1エミュレータ」の無料評価版が申し込めるようになっています

2008/10/8 水曜日 Posted in ソフト紹介 | No Comments »

以前にも何度かご紹介したことのある、3キャリア500以上の端末に対応したケータイシミュレータ「P1エミュレータ」ですが、いつの間にかホームページ上から無料評価版がダウンロードできるようになっています。 → NetFarm P1 Emulator [netfarm.ne.jp] → NetFarm P1エミュレータ評価版 お申込み [netfarm.ne.jp]   P1エミュレータはベータ版の頃は自由にダウンロードできたのですが、その後の正式版リリースに伴い試用は行えなくなっていました。 今回改めて無料評価版が申し込めるようになったとのことで、「ブログで記事を書くための評価」という目的で申し込みを行いまして、改めてテストをしてみました。 以前テストをしたのは3月のベータ版のころでしたが、それからどれくらい進化しているのでしょうか。   評価版の申し込みは上記のページから行うことができ、10日間の試用ライセンスがメールで届きます。 テスト方法は以前行った時と同様に、ややいい加減なHTMLを作り、実機と見比べてみるという方式を取りました。 → test.html   まずドコモのP905iです。 実機 エミュ かなり再現度があがってますね。 テーブル内の文字の縦位置が微妙に違うのですが、それ以外はほぼ完璧といっていいでしょう。 テスト用のHTMLではformタグのactionを省略しているのですが、それもきちんと解釈しフォーム項目が出ています。   続いてauのW31Kです。 実機 エミュ formタグの見え方が違うのが少し残念です。 au端末だけは、なぜかformタグで改行されないんですよね。 ただ以前うまく表示されていなかったテーブルタグやpタグの問題は完全に解消されています。   ソフトバンクの705SHも見てみましょう。 実機 エミュ こちらもテーブルの縦位置以外はほぼ完全な再現度です。 inputタグのvalue属性をわざと入れていないのでボタンの表示文字が異なっていますが、通常そんなケースはほぼありませんし、やや意地悪なテストだったかもしれません。   結論としては、パッと試した限りでもかなりの進化が感じられます。 表示させたのがかなり意地悪なHTMLの上に、500以上ある端末の中から無作為に選んでテストしたにしては十分な再現度といってよいでしょう。 リリースノートにも苦労の跡が見えますね。 今後の更なるバージョンアップに期待したいと思います。   余談ですが、P1エミュレータのヘルプファイルには、エミュレータとしてどのような実装になっているかが書かれています。 項目によっては、かなりマニアックな情報も載っており、ライブラリやツール類を作っているケータイプログラマの方にはかなりオススメです。 個人的には、istyle, modeなどの「初期入力モード」や、「文字エンコーディング」の部分の解釈の説明が役に立ちました。   評価版の提供条件は今のところ、「国内に事業拠点(本社、支店、営業所)を有する法人」となっていますので、個人での利用はできないようですが、法人であれば簡単に申し込めるようになっていますので、ケータイ関係のお仕事をしている方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。   関連: 3キャリア対応のケータイエミュレータ、P1エミュレータ正式版が発売されました。さて気になるお値段は? P1エミュレータを使ってiモードID機能を開発してみました 3キャリア対応の新ケータイエミュレータ「P1 Emulator」と実機を比較してみました Read more..