モバイル向けの発表が行われた「第11回わにる勉強会」

2010/11/25 木曜日 Posted in 記事紹介・リンク | No Comments »

ピンバックをいただいたので、勝手ながらご紹介させていただきます。 先日11月20日に山形で「第11回 わにる勉強会」というのが行われ、ケータイ向けの発表が行われたようです。   → wanir.jp » 第11回 わにる勉強会 報告 [wanir.jp]   上記のページに勉強会で使われた 3キャリアケータイ対応HTML製作方法 PC&ケータイ両対応ウェブサイト構築技法(PHP編) という二つの発表資料がPDF形式で公開されています。   wanir.jp(わにる)というのは、山形のWeb開発者、IT関係者、デザイナー、クリエーターなど、それに限らずインターネット全般に興味ある人たちのコミュニティとのことです。 私も北海道で細々とローカルなPHPの勉強会を行っているため、大変親近感があります。 畳での勉強会というのも良いですね。 ぜひ今後とも続けていって欲しいものです。   モバイル向けの勉強会やイベントなどがある場合は、告知の記事を掲載させていただきますので、お気軽にご一報ください。   関連: 10月24日(日)にLOCAL PHP部の第12回勉強会を行います 明日9月18日は「LDD’10/Fall in KUSHIRO」の日です 9月11日のLTイベントに使ったスライド資料「地方企業がリモートで首都圏のお仕事をこなすための10個のポイント」 Read more..

明日8月28日(土)は第11回LOCAL PHP部勉強会の日です

2010/8/27 金曜日 Posted in PHP, お知らせ | No Comments »

イベントの告知です。 明日8月28日(土)に札幌で第11回LOCAL PHP部勉強会を行います。 → LOCAL PHP部 お知らせ [php.local.gr.jp]   日時: 2010年8月28日(土) 14:00-16:30 場所: 札幌市産業振興センター セミナールーム9 参加費用: 参加費(会場代、おやつ代) 1人500円   ・本当は怖いPHP (nazo) PHPの仕様的によくわからない部分や、普段触らないような変な挙動を、比較的初心者の方にもわかりやすく紹介します。 ・htmlSQLで図書館HPにアクセスしてみよう (matsui) SQL形式でWebページをスクレイピングできるhtmlSQLで、図書館のHPにアクセスしてみます。 ・タイトル未定 (Ishida)   私も簡単ですが、htmlSQLのネタ発表を行わせていただきたいと思います。 飛び入りの発表も歓迎です。   申し込みはこちらからお願いします。 おかげさまでかなり盛況ですが、まだまだ入れます。 → ATND 第11回 LOCAL PHP部勉強会 [atnd.org]   終了後は毎回恒例の懇親会を予定しております。 よろしければこちらも合わせてどうぞ。 → 第11回 LOCAL PHP部勉強会 の懇親会 [atnd.org]   たくさんのご参加お待ちしております。   関連: 明日2010年6月26日(土)は、「オープンソースカンファレンス2010 Hokkaido」の日です オープンソースカンファレンス2010 Hokkaidoで「PHPで大規模ブラウザゲームを開発してわかったこと」という発表を行います 4月24日(土)に札幌で第9回LOCAL PHP部勉強会を行います Read more..

8月28日(土)に札幌で第11回LOCAL PHP部勉強会を行います

2010/8/9 月曜日 Posted in お知らせ | No Comments »

イベントの告知です。 8月28日(土)に札幌で第11回LOCAL PHP部勉強会を行います。 → LOCAL PHP部 [php.local.gr.jp]   日時: 2010年8月28日(土) 14:00-16:30 場所: 札幌市産業振興センター セミナールーム9 参加費用: 参加費(会場代、おやつ代) 1人500円   ・本当は怖いPHP (nazo) PHPの仕様的によくわからない部分や、普段触らないような変な挙動を、比較的初心者の方にもわかりやすく紹介します(予定)。 ・htmlSQLで図書館HPにアクセスしてみよう(仮) (matsui) SQL形式でWebページをスクレイピングできるhtmlSQLで、図書館のHPにアクセスしてみます。 ・他1名の発表を予定(調整中)   私も簡単ですが、htmlSQLネタの発表を行わせていただきたいと思います。 他1名の発表を予定していますが、まだ調整中の段階です。 何か話したいことがある方はお気軽に声を掛けてください。   申し込みはこちらからお願いします。 → ATND 第11回 LOCAL PHP部勉強会 [atnd.org]   終了後は毎回恒例の懇親会を予定しております。 よろしければこちらもどうぞ。 → 第11回 LOCAL PHP部勉強会 の懇親会 [atnd.org]   ご都合の合う方はぜひどうぞ。 たくさんのご参加お待ちしております。   関連: 明日2010年6月26日(土)は、「オープンソースカンファレンス2010 Hokkaido」の日です オープンソースカンファレンス2010 Hokkaidoで「PHPで大規模ブラウザゲームを開発してわかったこと」という発表を行います 4月24日(土)に札幌で第9回LOCAL PHP部勉強会を行います Read more..

openpearに「Net_Pocketbell」というパッケージを作ってみました(後編)

2009/4/21 火曜日 Posted in PHP | No Comments »

昨日の記事に続いて後編です。 前編ではパッケージの作成とチェックアウトまでを解説しましたので、その続きです。 openpearにパッケージの追加を行い、インストールまでの方法を解説していきます。   4. プログラムを作成する チェックアウトに成功した場合「trunk」と「tags」というフォルダが出来ていると思います。 その中にプログラムを作成していきましょう。 通常はtrunkの下に追加していくことになります。 このあたりはSubversionの解説サイトを参考にしてください。 プログラムが完成したらコミットしておきます。   5. パッケージをリリースする 画面上部メニューのパッケージ一覧から、自分のパッケージを選択します。 パッケージ詳細画面で、画面中央の「プロジェクト情報編集」リンクをクリック、続いて次画面で「パッケージをリリースする」をクリックします。 バージョンやライセンスなどのリリース情報を設定します。 詳細な設定リンクを押すことで、インストールディレクトリ指定や依存関係の設定なども行うことができます。   6. パッケージをインストールする これで一通りの作業は完了です。 # pear channel-discover openpear.org # pear install openpear/Net_Pocketbell-beta でインストールが可能です。 実際にインストールして試してみましょう。   7. Net_Pocketbellの解説 Net_Pocketbellは、ポケベルの数値表記をカナにしたり、その逆変換を行うためのものです。 具体的な使い方は次の通りです。 クラス生成時の引数は、「NTT」がNTT方式、「TM」がテレメッセージ方式となっています。 サンプルコード: <?php require("Net/Pocketbell.php"); // インスタンスの作成('NTT' or 'TM') $pb = new Pocketbell('NTT'); // 数字→カナへの変換 echo $pb->num2kana('11121399'); // カナ→数字への変換 echo $pb->kana2num('アイウエオ'); ?> 実行結果: アイウ[電話] 1112131415 このように大変実用的(?)なライブラリとなっていますので、皆さん是非ご活用ください。   openpearは気軽にパッケージ登録ができ、とても便利なサービスでオススメです。 PHP使いの方は試してみてはいかがでしょうか。   関連: openpearに「Net_Pocketbell」というパッケージを作ってみました(前編) 絵文字ライブラリ「sfPictogramMobilePlugin」がバージョンアップし、PEARパッケージ化されたようです PHP用のケータイ向けライブラリ「PEAR::Net_UserAgent_Mobile」が0.31にバージョンアップ Read more..

openpearに「Net_Pocketbell」というパッケージを作ってみました(前編)

2009/4/20 月曜日 Posted in PHP | No Comments »

先週の土曜日に行われた「LOCAL PHP部札幌勉強会04 openpearを使ってみよう」で、ポケベル打ちの数値<>カナの変換ライブラリ「Net_Pocketbell」というパッケージを作成してみました。   PHPユーザであれば、多くの人がPEARを使ったことがあると思いますが、自分でライブラリを作って登録することはかなり敷居が高く、難しいものでした。 openpearはそれを改善するため、誰でも簡単にライブラリをパッケージングし、公開・共有するために作られたのサービスです。 openpear自体、今回初めて触ったのですが、非常に簡単でとても手軽だと感じました。 必要な知識としては、最低限Subversionの知識が必要になりますが、それさえクリアできればパッケージの登録は全然簡単です。 ここではユーザ登録からパッケージの登録方法までを、前後編の2回に分けてご紹介したいと思います。   1. ユーザを作る まずはopenpearのページ(http://openpear.org/)にアクセスし、ユーザ登録を行います。 ページ右上のログインリンクを押してください。 OpenIDが使えますので、mixi, Google, はてな, Yahooのいずれかのアカウントを持っていればログイン可能です。 初回ログインの場合は、メンテナ登録ページが表示されます。 アカウント名やパスワードなどを登録しましょう。   2. プロジェクトを作成する 続いてプロジェクトの登録を行います。 上のヘッダメニューから「パッケージ一覧」を選択し、続いて画面上部にある「プロジェクト情報作成」をクリックします。 パッケージの設定画面が表示されますので、プロジェクトの名前や説明文を書きます。 一度設定したプロジェクト名は変更できませんので注意が必要です。   3. パッケージをチェックアウトします パッケージが登録されますので、Subversionクライアントからチェックアウトします。 svnのURLはパッケージページに記載されています。 お好きなsvnクライアントからチェックアウトを行いましょう。 EclipseやTortoiseSVNなどから操作する方が多いかもしれませんね。 私は普通にLinux上のシェルからチェックアウトしてみました。 既にお手持ちのライブラリがある場合は、「svn import」を使ってレポジトリに追加することも可能です。   【後編へ続く】   関連: 4/18に「LOCAL PHP部 札幌勉強会04(openpearを使ってみよう)」を行います 絵文字ライブラリ「sfPictogramMobilePlugin」がバージョンアップし、PEARパッケージ化されたようです PHP用のケータイ向けライブラリ「PEAR::Net_UserAgent_Mobile」が0.31にバージョンアップ Read more..