ドコモが2010-2011冬春モデル、計28機種を発表したようです
    このエントリをはてなブックマークに登録

10/18のau、11/4のソフトバンクに続いて、本日ドコモが2010-2011冬春モデル、計28機種を発表したようです。

 

公式はこちら。

→ NTTドコモ 報道発表資料 2010-2011冬春モデルに28機種を開発および一部機種を発売 [nttdocomo.co.jp]

→ NTTドコモ 製品 2010-2011冬春モデルの主な特長 [nttdocomo.co.jp]

 

各ニュースサイトでも話題になっています。

→ ITmedia +D モバイル LTE、Android、3D液晶、プロジェクター携帯―ドコモ、2010年度冬春モデル28機種を発表 [plusd.itmedia.co.jp]

→ ケータイWatch ドコモ、冬春モデル28機種を発表 [k-tai.impress.co.jp]

 

今回発表されたスマートフォンは4機種と、ソフトバンクに比べると控えめです。
それに引き替え、フィーチャーフォン(ガラケー)は19機種と、従来のケータイに力を入れているところが特徴のようです。

変わりどころとしては、プロジェクター搭載の「SH-06C」、どうみても外見がカメラの「L-03C」、本物のヒノキを使った「TOUCH WOOD SH-08C」など、かなりユニークなラインナップとなっています。

 

他にも、LTE(Long Term Evolution)を採用した次世代高速通信サービス「Xi(クロッシィ)」の開始時期が12/24であることなどが発表されたようです。

 

関連:


 

最近の記事







コメントを書く