Archive for 2月, 2011

ASCII.jpに掲載されているスマートフォンサイトキャプチャ集「絶対見ておきたい有名企業のスマホサイトまとめ」、「スマホサイトを作る前に見たい国内38社の実例」

2011/2/28 月曜日 Posted in Android, iPhone, 記事紹介・リンク | No Comments »

ASCII.jpにスマートフォンサイトのキャプチャまとめ記事が掲載されていましたのでご紹介します。   → ASCII.jp 日本語サイトの事例を一挙紹介(前編) 絶対見ておきたい有名企業のスマホサイトまとめ [ascii.jp] → ASCII.jp 日本語サイトの事例を一挙紹介(後編) スマホサイトを作る前に見たい国内38社の実例 [ascii.jp]   誰もが知っている国内有名企業のスマートフォンサイトがまとめられています。 ジャンルとしては次のようにわかれています。 前編: ファッション・アパレル メーカー(自動車・家電) メーカー(食品・飲料) 交通・旅行 小売・飲食 不動産・建設   後編: 金融(銀行) 金融(保険・証券) 金融(クレジット・消費者金融) 通信 メディア(ニュース) メディア(テレビ) EC・通販 ポータル・Webサービス その他の業種   iPhoneのホーム画面のようにアイコンを並べるのが、どの業種でも比較的よく使われているレイアウトのようですね。 どのサイトも凝ったデザインとなっており、参考になりそうです。   関連: デザインに優れたスマートフォンサイトのキャプチャを集めたサイト「iPhoneデザインボックス」とこの手のサイトのまとめ ケータイサイトのデザインをジャンル別にまとめて紹介している「モバイルデザインアーカイブ」 デザインに優れたケータイサイトをキャプチャ付きで紹介しているサイト「case:MobileDesign! モバイルサイトのデザイン」 Read more..

「Social Top Runners 2011WINTER ~札幌(vo.5)~」に行ってきました

2011/2/25 金曜日 Posted in ニュース | No Comments »

本日2011年2月25日に札幌で行われたイベント「Social Top Runners 2011WINTER ~札幌(vo.5)~」に(ただの一参加者としてですが)行ってきましたので、感想を書きたいと思います。   イベントの内容はこちらのページにあります。 CyberXさん、KLabさん、CROOZさん、NIJIBOXさんとソーシャルアプリ会ではそうそうたる会社さんが参加していました。 → Social Top Runners 2011WINTER ~札幌(vo.5)~ [eventforce.jp]   それぞれ10分程度の会社紹介のようなプレゼンのあと、パネルトークがあったのですがこれがなかなか面白かったです。 「2010年の総括、2011年の位置付けと、2012年以降の展開イメージ」というお題があったのですが、各社とも2011年は転換期・移行期という捉え方をしているようで、色々と考えさせられるところでした。 少し残念だったのは、かなりの盛況だったため人口密度が高く、前の人の頭でスライドの下半分が全く見えなかったところです。   その後、懇親会となったのですが、各社から技術担当の方も来ていまして、ビール片手になかなか濃い話を聞くこともできました。 (特にKLabさんの方とお話できたのがすごくよかったです。)   参加費、懇親会ともに無料だったので、逆に疑ってかかっていたところもあったのですが、普通に楽しめるイベントでした。 懇親会で各社の技術者の方ともしっかりお話できる場がありますので、エンジニアの方にもオススメです。 全国ツアーですので、これから仙台、名古屋、京都、大阪、広島、福岡、と開催予定のようです。 興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか。   あと、Twitterをやっていたり、Google Groupsで各コミュニティを運営している方は、恐らくHatchUpさんから何通ものイベント告知を受け取っていると思います。 (今見返すと5通のメッセージが来ていました。ここまで徹底した告知活動が行われたイベントは珍しいのではないでしょうか。) あれはボットか何かでやっているのかと思ったら、なんと全て人海戦術で行っているそうです。 たまにスパム的だとdisられることがあるみたいですが、中の人はキレイなおねーさんで「がんばってるんですよー」と言っていたので、許してあげてください。   関連: 10月24日(日)にLOCAL PHP部の第12回勉強会を行います 明日9月18日は「LDD’10/Fall in KUSHIRO」の日です 9月11日のLTイベントに使ったスライド資料「地方企業がリモートで首都圏のお仕事をこなすための10個のポイント」 Read more..

NTTドコモがAndroid端末「Xperia arc」「MEDIAS」「Optimus Pad」を発表したようです

2011/2/24 木曜日 Posted in DoCoMo, ニュース | 1 Comment »

本日2月24日に、NTTドコモが2011年春モデルとして、Androidスマートフォンとタブレットの「Xperia arc」「MEDIAS」「Optimus Pad」を発表したようです。   → GIGAZINE NTTドコモ、2011年春モデルとして「Xperia arc」「MEDIAS」「Optimus Pad」を正式発表 [gigazine.net] → ケータイWatch ドコモ、スマートフォンやタブレットなど3機種を3月発売 [k-tai.impress.co.jp]   NECカシオの「MEDIAS N-04C」、ソニー・エリクソンの「Xperia arc」、LGAndroid 3.0搭載タブレット「Optimus Pad」の3機種が発表され、いずれも3月中旬~下旬に順次発売される予定となっているようです。 → NTTドコモ 製品 MEDIAS N-04C [nttdocomo.co.jp] → NTTドコモ 製品 Xperia arc SO-01C [nttdocomo.co.jp] → NTTドコモ 製品 Optimus Pad [nttdocomo.co.jp]   え、この3機種の発表だけ?という感じがしましたが、ガラケーの発表は特に無しのようです。 来週の28日にはauの新機種発表会も控えていますので、そちらにも期待したいところです。   関連: ソフトバンクの2010年冬~2011年春モデルが発表されました auの2010年秋冬モデルが発表されました ドコモとソフトバンクの2010年夏モデルが発表されました Read more..

エフェクト機能がすごいiPhoneやAndroid向けのJavaScriptフレームワーク「Wink Toolkit」

2011/2/23 水曜日 Posted in Android, iPhone, 記事紹介・リンク | 2 Comments »

かちびと.netさんに、iPhoneやAndroid向けのJavaScriptフレームワーク「Wink Toolkit」についての日本語解説記事がありましたのでご紹介させていただきます。   → かちびと.net iPhoneやAndroid向けのJavaScriptフレームワーク・Wink Toolkitが割と良かったので日本語サンプル作った [kachibito.net]   WinkToolkitは、JavaScriptで作られたスマートフォン向けのフレームワークで、エフェクトなどのデザイン面に特化した作りになっているようです。 → WINK TOOLKIT 公式サイト [winktoolkit.org]   上記のかちびと.netさんの解説記事はサンプルが豊富でわかりやすいですね。 見て貰えると分かるのですが、iPhoneやAndroidのブラウザに対応した実用的なエフェクトがかなりの数用意されているようです。   今後スマートフォン向けサイトもどんどん凝った物になっていくでしょうから、この手の技術は要チェックですね。   関連: ブックレビュー:WEB+DB PRESS vol.61(2011年2月発売号 特集:実践!Titanium JavaScriptでiPhone&Android本格アプリ開発) IBM developerWorksにHTML5モバイルアプリ用フレームワーク「Sencha Touch」の記事がありました JavaScriptでiPhone/Android向けのソーシャルアプリが作成できるという「ngCore」について解説されたスライドが公開されていました Read more..

ブックレビュー:WEB+DB PRESS vol.61(2011年2月発売号 特集:実践!Titanium JavaScriptでiPhone&Android本格アプリ開発)

2011/2/22 火曜日 Posted in Android, iPhone, ブックレビュー | 1 Comment »

昨日に続いて今日もブックレビューです。 WEB+DB PRESS vol.61(2011年2月発売号)に、Titanium Mobileを使ったiPhone・Android開発についての記事がありましたので、ご紹介します。   → amazon WEB+DB PRESS vol.61 [amazon.co.jp] → 技術評論社 WEB+DB PRESS vol.61 [gihyo.jp]   Titanium Mobile(以下Titanium)は、カリフォルニアのAppcelerator社が提供している最近人気の開発環境で、JavaScriptでコードを書くことで、iPhoneやAndroidのネイティブアプリを開発できるものです。 今回の記事は巻頭特集として36ページものページを割いて特集が組まれており、このあたりからも人気の高さが伺えます。   記事の構成としては次の通りです。 第1章:Titaniumが拓くiPhone&Androidアプリ開発の世界  Webアプリ開発者にとっての「救世主」 第2章:Titanium開発環境構築  iOS SDK,Android SDK,Titanium,開発エディタの導入 第3章:Titaniumによる開発の流れ  プロジェクト作成からビルドまでと,困ったときのKitchenSink 第4章:スマートフォンならではの機能を活用!  カメラ,GPS,マップの使い方とWeb API連携 第5章:スマートフォンならではの情報を表示!  検索結果の一覧表示と「ひっぱると更新」の実装 第6章:さらなる本格アプリ開発のために  外部アプリとの連携とデータベースの活用 第7章:Androidならではの機能を活用!  「はてなハイクアプリ」開発から学ぶアプリ間連携とメニューボタン活用法   Titaniumとは何かというところから、開発環境のインストール、カメラやGPSといったスマートフォン独自の機能の使い方、そしてさらなる本格アプリ開発と、順を追って解説されているため、どの層の人にとっても読める間口の広い記事になっていると思います。 さすがにJavaScriptの文法などの説明はないため、全くの素人には難しいですが、要所要所でサンプルコードも多く掲載されわかりやすい内容だと思いました。   わたしなどはWebページでのJavaScriptしか使ったことがないため、JavaScriptでネイティブアプリを書くのにはいったいどのように書かれているのだろうと疑問に思いましたが、これらのサンプルコードを見るうちに大体理解することができました。   他にもファイルシステムやSQLiteを使った内部データベースの利用や、検索バーや一覧表示などのスマートフォンならではのUI表示、はてなとの連携など、さらに一歩踏み込んだ実践的な記事も掲載されています。   Titaniumに興味を持っている方は多いと思いますので、ぜひこの機会に試してみてはいかがでしょうか。   関連: ブックレビュー:WEB+DB PRESS vol.60 ブックレビュー:PHP×携帯サイト実践プログラミング ブックレビュー:ケータイHTML ポケットリファレンス Read more..