実はまだスマートフォンよりガラケーのほうが売れているようです
    このエントリをはてなブックマークに登録

ダイヤモンド・オンラインに興味深い記事がありましたのでご紹介します。

最近の携帯電話販売ランキングなどを見ると、上位をスマートフォンが占めており、すっかりガラケーは蚊帳の外な感じですが、販売シェア的には実はまだまだスマートフォンよりガラケーの方が売れているとのことです。

→ ダイヤモンド・オンライン 実はスマホより「ガラケー」のほうが売れている!? いまだ独自の進化を続けるガラパゴス携帯の“底力” [diamond.jp]

 

データの元にしているのは、BCNランキングというデータなのですが、3月以降の情報を見ても、人気機種の発売日近辺では50%を超える月もあるものの、やはりスマートフォンの販売シェアはガラケーに劣ることが多いようです。

→ 2011年3月の携帯電話ランキング、3か月ぶりトップ交代、「Xperia arc」が1位に [bcnranking.jp]

 

上記ページの下部にスマートフォンの販売比率表が出ています。

波はあるものの、店頭やランキングなどを見て受ける印象よりは、ガラケーの人気はまだ根強いと言えるようです。

 

関連:


 

最近の記事







One Response to “実はまだスマートフォンよりガラケーのほうが売れているようです”

  1. しょせんスマフォなんてここまで騒がれてる今ですら全体の1割でしかない
    後は落ちていくだけ

    2010年で売り上げの48パーセントがスマフォだったのが2011年でもう44パーセントまで落ち込んでる
    もう頭打ち
    44パーセント程度では何年たっても一億台のガラケーを抜くのは無理

コメントを書く