@ITのJavaとGoogle App Engineを使ったケータイ開発に関する連載記事「クラウドとフレームワークで超簡単ケータイ開発」

2011/1/24 月曜日 Posted in 記事紹介・リンク | 2 Comments »

無事ベトナム出張から戻ってきました。 そのため1週間と少し更新をお休みさせていただいていましたが、今日から通常通りのペースで更新を再開させていただきます。   @ITにJavaとGoogle App Engineを使ったケータイ開発に関する連載記事がありましたのでご紹介します。   → @IT クラウドとフレームワークで超簡単ケータイ開発 連載インデックス [atmarkit.co.jp] → 第1回 Google App EngineとSlim3で始める携帯Web入門 [atmarkit.co.jp]   サーバとしてGoogleのクラウド環境であるGoogle App Engineを用い、MVCフレームワークとしてSlim3、ケータイ用のフレームワークとしてMobyletを利用して、Twitterクライアントを作成するという記事になっています。 まだ第1回ということでHelloWorldの作成程度までしか進んでいませんが、次回以降は本格的なアプリ開発の解説に入っていくことと思います。   この手の記事は、PHPやRubyなどの言語で書かれていることが多いので、Java向けというのも珍しく貴重な記事かもしれません。 興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。   関連: @ITのケータイ向けFlash Lite開発に関する記事「Flash Liteで嘆かないための3つのコーディングTips」 AIRを使ったAndroidアプリ作成を解説している連載記事「Flashでできる! Androidアプリ制作入門」 JavaScriptを使ったスマートフォンアプリの開発方法を解説した連載記事「Titanium Mobileで作る! iPhone/Androidアプリ」 Read more..

auが一般ユーザでもJavaで開発でき、通信量制限もない「EZアプリ (J)」を来春にリリースするとのことです

2010/10/27 水曜日 Posted in au, タレコミ, ニュース | 1 Comment »

フォーラムからのタレコミです。 (情報提供ありがとうございます) auが一般ユーザでもJavaで開発でき、通信量制限もない「EZアプリ (J)」を来春にリリースするとのことです。   → ケータイ Watch au、Javaアプリプラットフォーム「EZアプリ(J)」発表 [k-tai.impress.co.jp] → ITmedia プロフェッショナル モバイル KDDI、Javaで開発できる「EZアプリ (J)」を来春に追加 [www.itmedia.co.jp]   公式ドキュメントはこちらで公開されています。 → KDDI au: 技術情報 > EZアプリ (J) [www.au.kddi.com]   HTTP/HTTPS通信が可能とのことで、BREW版EZアプリにあった1日最大6Mバイトまでの制限などはないとのことです。 auは以前にも「EZアプリ (Java)」というサービスを行っていましたが、A5407CA(2004年6月に発売)を最後に対応した端末は発売されておらず、あくまでBREWがメインというスタンスをとっていました。   非常に今更な感じはありますが、auもドコモマーケットのような、アプリ販売プラットフォームを作成しようと考えているのかもしれませんね。   関連: ドコモマーケット向けのiアプリ開発支援ツールとドキュメントが公開されています iアプリが今年11月にオープン化し、iアプリDXの機能の一部が個人にも開放されるようです ドコモのiアプリの新規格「Starプロファイル」の技術資料が公開されています Read more..

Java Festa in 札幌 2008の講演「Androidの可能性」を聞いてきました

2008/11/28 金曜日 Posted in ニュース | No Comments »

本日「Java Festa in 札幌 2008」の中で行われた日本Androidの会の方の講演「Androidの可能性」を聞いてきました。 → Java Festa 2008 in 札幌 Androidの可能性 [javafesta.jp]   会場は札幌コンベンションセンターです。 かなり広い会場になります。さすがJavaフェスです。 また、会場にもかなりの人数が来ていました。 席も結構埋まっており、全部で100人前後はいたと思います。 Androidの関心の高さがわかります。 プレゼン資料もAndroidの画面を模しており凝っています。   内容としては、日本Androidの会の3名の方が、それぞれ20分ずつお話するという形でした。 平出さん Androidの可能性 木南さん Androidの開発環境 田島さん 日本Androidの会の紹介 1の「Androidの可能性」では、Androidが生まれた背景や取り巻く状況について、クラウドコンピューティングについて、iPhoneとの違いについてなど、Androidについての基本的な情報について解説していました。 2の「Androidの開発環境」では、開発者の視点からみたAndroidについてまとめられていました。 アーキテクチャの説明やアプリケーション開発の概要について、またアットマークテクノのArmadilloを使った実機デモも行われました。 3の「日本Androidの会の紹介」は、日本Androidの会の概要や入会方法についての説明でした。 また、初のAndroidケータイである「T-Mobile G1」を使った実機デモも見ることができました。 回線の状況があまりよくなく、ちょっとスムーズに動かない一幕もありましたが、やはり実機でのデモはわかりやすいですね。   明日29日に行われる「Android勉強会 in 札幌」は、午前中のセッションであれば当日の受付でもまだ大丈夫とのことでしたので、お時間のある方は参加してみてはいかがでしょうか。 → Android勉強会 in 札幌 [android-group.jp] 私も午前・午後ともに参加する予定です。 首からke-tai.orgの札を下げていますので見かけたらお気軽に声をかけてください。   関連: 11月29日に「Android勉強会 in 札幌」が行われます ドコモとKDDIが来年度GoogleのAndroidケータイを発売するそうです 初のAndroidケータイ「T-Mobile G1」発売に関するニュースまとめ Read more..

ドコモのiアプリの新規格「Starプロファイル」の技術資料が公開されています

2008/11/12 水曜日 Posted in DoCoMo | No Comments »

docomo公式サイト上で、iアプリの新規格「Starプロファイル」の技術資料PDFが公開されています。 → NTT docomo 作ろうiモードコンテンツ Starプロファイル向けの技術資料ダウンロード [nttdocomo.co.jp] → ケータイWatch ドコモ、iアプリの新バージョン「Star」導入 [k-tai.impress.co.jp]   Starプロファイルは、従来のiアプリ用Java実行環境であるDojaの後継とされているもので、2008年冬モデルから順次導入される予定です。 11/19発売の「F-01A」が最初の対応機種になる予定となっており、iウィジェット対応機種は全てStar対応になるとのことです。   公開されている資料は、以下の4つです。 iアプリコンテンツ開発ガイド for Star-1.x 詳細編 iアプリコンテンツ開発ガイド for Star-1.x iアプリオプション・iアプリ拡張編 iアプリコンテンツ開発ガイド for Star-1.0 APIリファレンス編 iアプリコンテンツ開発ガイド for Star-1.0 オプション・拡張APIリファレンス編 なお、開発ツールである「iαppli Development Kit for Star-1.0」は、近日公開予定となっています。 → NTT docomo 作ろうiモードコンテンツ ツールダウンロード [nttdocomo.co.jp]   StarとDojaとはAPIの互換性がないとのことですので、Star向けiアプリを開発したい方は、上記の資料を見て勉強し直さなくてはなりませんね。   関連: FeliCaを使うiアプリの開発方法を紹介した「フリー領域で作る!モバイルFeliCaアプリ」 ケータイアプリ開発の入門記事「携帯アプリを作って学ぶJava文法の基礎」 GoogleMaps(iアプリ版)にGPS機能が追加されました Read more..