auのメールアドレスの仕様を変更、ようやくRFC準拠となったようです

2009/9/25 金曜日 Posted in au, ニュース | No Comments »

ezweb.ne.jpで取得できるメールアドレスの仕様が変更になったようです。 「..(連続するドット)」、「@の前の.(ドット)」などが禁止されたようです。   → Web屋のネタ帳 au by KDDIがメールアドレスの設定仕様を再変更。2006年の改悪前に戻しましたの巻 [neta.ywcafe.net] → au by KDDI Eメールアドレス変更方法 | 迷惑Eメール防止方法 [au.kddi.com]   ケータイのメールアドレスは各社ともRFC無視で進められてきたため、連続するドットや@前のドットなどを使うことができ、一部MTAから送信できないなどの問題が起こることがありました。 2009年4月にドコモがメールアドレスの仕様を変更し、RFC準拠となりましたが、auもようやくそれに合わせる形となったようです。   具体的には次のようなルールとなったようです。 Eメールネーム文字数が、30文字まで利用可能です。 半角英数字、小文字、「- (ハイフン)」、「. (ピリオド/ドット)」、「_ (アンダーバー)」が使用できます。 「.」をアドレス内での連続使用や「.」をEメールネームの最初/最後に使用することはできません。また最初に数字の「0」を使用することもできません。   これで全キャリアが一応RFC準拠となったわけですが、あくまで新規取得分だけで、今回の仕様変更以前からのメールアドレスを引き続き使っているユーザもいることにご注意ください。   各社のメールアドレスについては、以前こちらの記事でもまとめたことがありますので、合わせてご覧ください。 → ke-tai.org ケータイ各社のメールアドレスについて改めてまとめてみました [ke-tai.org]   関連: ケータイ各社のメールアドレスについて改めてまとめてみました ドコモがメールアドレスの仕様を変更 RFC準拠に ケータイでのメール受信設定についてまとめてみました Read more..

ドコモがメールアドレスの仕様を変更 RFC準拠に

2009/4/3 金曜日 Posted in DoCoMo, SoftBank, サーバ, ニュース | 5 Comments »

ドコモが4月以降新規で取得されるメールアドレスの仕様を変更し、RFC準拠となったようです。 ドコモのメールアドレス問題はかねてから問題になっていましたので、これはビックニュースですね。   → NTT docomo お知らせ メールアドレス変更 [nttdocomo.co.jp] → スラッシュドットジャパン ドコモ、メールアドレスの仕様を修正 [slashdot.jp]   具体的に今回から利用できなくなるのは、「.(ドット)」が複数個続いたり、@マークの直前で使われたりしているケースです。 対象となるのは、4月以降に新規取得または変更するアドレスで、既存のユーザでRFCに準拠しないアドレスは、そのまま引き継がれるということです。 ドコモのメールアドレスがRFC的に正しくないということは、たびたびトラブルのもととなっていましたので、プログラマ・サーバ管理者にとっても嬉しい修正といえると思います。 参考: → Web屋のネタ帳 ドコモもauもいいかげんにメールアドレス設定の仕様を直せ。 [neta.ywcafe.net] → スラッシュドットジャパン GMail、ezwebとdocomo宛のみメールアドレス中の連続ドットや@直前ドットを許可 [slashdot.jp]   全ユーザのアドレスが変更になるわけではないので、急には変わらないかもしれませんが、対象はじわじわと減っていくことと思います。 ただし、十分にユーザが減っていくと、万が一設定ミスがあってもすぐにトラブルに気づきにくい状況がおこりますので、このバッドノウハウは更に厄介な状況に陥ってしまったとも言えます。   同じような例としては、旧J-Phone時代に設定されたメールアドレスに「/」「?」「+」が利用できるというものがあります。 Vodafoneへの移行後や、現在のSoftBankメールアドレスでは利用不可となっていますので、ユーザ数はかなり少ないのですが、上記文字を使っているユーザは若干ですがまだ確実に残っており、実機テストもできないため、プログラマが正規表現を書く場合には陥りやすい罠になってしまっています。   とは言え、全体的に見ると今回の修正は良いニュースだと思います。 これを受けて、auの対応がどうなるか楽しみなところです。   関連: ケータイサイトの保守でチェックすべき8つのこと 2009年1月15日からウィルコムの新ドメイン「@willcom.com」が利用可能になります ケータイでのメール受信設定についてまとめてみました Read more..

ケータイ向けサイトでmailtoを利用する際は改行コードに注意

2008/5/14 水曜日 Posted in 記事紹介・リンク | 3 Comments »

先日Webを巡回していて見かけたブログで、興味深い記事がありましたのでご紹介させていただきます。 一部のドコモ端末で、mailto内の改行コードを間違えると、メールが送信されないケースがあるようです。 → BUKURO-JIN 届かない mailto ~DoCoMo 改行コードの罠~ [y-110.net]   対象となるのは、「ドコモのN, Pシリーズ」で、mailto内のbody部の改行コードをLFでURLエンコードしてしまうと、メールが送信されないとのことです。 送信されない例: <a href="mailto:x@example.jp?subject=xxx&body=xxx%0Axxx%0A"> 正しい例: <a href="mailto:x@example.jp?subject=xxx&body=xxx%0D%0Axxx%0D%0A"> RFCではメールの改行は「CR+LF」となっていますので、「%0D%0A」(CR+LFのURLエンコードした状態)としてやることで、正しく送信されるようです。 手元のP905iで試してみたところ、「送信しました」というダイアログが表示され、メールの送信処理には成功するのですが、確かにいつまで待ってもメールは送られてきません。 特定端末のみの不具合になりますし、その場でエラーが出るわけではないので、これは気づきにくいですね。 なお、送信からきっちり6時間後に次のようなエラーメールが返ってきました。 利用者は、ようやくここでメールが送信できなかったことに気づく形になります。 From: iモードセンター Subject: 送信メールエラー 相手先ホストの都合により送信できませんでした。 Receiver's host can't accept your mail 宛先: x@example.jp 件名: xxx こちらリンク先のブログでは、原因はメーラーのバグではないかと書かれていますが、こちらの「bare LF」問題が関係しているように思えます。 → アシアルブログ 携帯端末とbare LFとqmail [asial.co.jp]   ともかく、改行入りのmailtoを作成する際にはお気をつけください。   関連: ドコモ端末でCSSを利用するには ドコモのiMenuがリニューアルしGoogle検索が可能に Read more..