今、高校生がどんなサイトを利用しているかがわかる「家庭でのインターネット利用実態調査」
    このエントリをはてなブックマークに登録

CNET Japanに興味深い記事が掲載されていましたのでご紹介します。

ネットスターが「家庭でのインターネット利用実態調査」として実施したもので、今年の9月に高校生と保護者に対して行われた調査結果です。

この調査の目的は、高校生とその保護者のサイト利用状況の違いから、未成年のネット利用の課題を分析するためだと思われますが、今高校生がどんなサイトを利用しているのか、ケータイからどんな買い物をしているのか、保護者世代との利用方法の違い、などが一目で把握でき、コンテンツ開発側の人間から見ても面白い資料になっていると思います。

→ CNET Japan 高校生に人気のモバイルサイトは「モバゲー」「ニコ動」「前略プロフ」、知らない保護者がほとんど [cnet.com]

→ NetSTAR プレスリリース 高校生の3割は「ネットでは面と向かって言えないことも書き込める」と自覚 [netstar-inc.com]

 

調査結果によると、保護者は乗り換え案内やニュースなどの実用サイトを多く利用するのに対し、高校生はブログやSNS、動画サイトなどエンターテイメント系のサイトを利用する傾向があるようです。

具体的なサイト名としては次の通りです。
カッコ内は利用したことのある高校生の割合を表しています。

  1. モバゲータウン(56.1%)
  2. Yahoo!モバイル(49.3%)
  3. ニコニコ動画モバイル(36.5%)
  4. 前略プロフィール(36.2%)
  5. 魔法のiらんど(35.9%)

グラフ1 グラフ2

やはり、モバゲーがトップですね。

 

他にもケータイでどんなものを買うかなどについても調査されており、上記のNetSTARサイト内に、50ものグラフがついた調査結果が記載されています。
詳しく知りたい方は、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

関連:


 

最近の記事







One Response to “今、高校生がどんなサイトを利用しているかがわかる「家庭でのインターネット利用実態調査」”

  1. […] ちなみに関連記事今、高校生がどんなサイトを利用しているかがわかる「家庭でのインターネット利用実態調査」  […]

コメントを書く