不具合により停止されていたドコモのJavaScript機能が復活するようです
    このエントリをはてなブックマークに登録

今年の5月にドコモから発売されたJavaScript対応端末ですが、セキュリティ上の不具合があったらしく、販売開始後すぐにソフトウェアアップデートによりJavaScript機能が停止されてしまいました。

あれから数ヶ月、停止されていたJavaScript機能がようやく復活するようです。

 

→ ITMedia +D Mobile ドコモ、拡張iモードブラウザのJavaScriptを利用可能に [itmedia.co.jp]

→ CNET Japan iモードブラウザ、ようやくJavaScript対応へ [cnet.com]

 

JavaScriptはソフトウェアアップデートで利用可能になります。

対象となるのは、2009年夏(iモードブラウザ2.0)モデルで、SH-05A、SH-06A、SH-06A NERVが10月27日。
それ以外の機種は11月から順次提供されるとのことです。

 

一説には他端末のユーザIDを騙れてしまうのでは?などという話もあったドコモのJavaScriptですが、ようやく対応が終わり復活となったようです。
かなり長かったですね。

該当機種をお持ちの方は試してみてはいかがでしょうか。

 

関連:


 

最近の記事







コメントを書く