ビートレンド株式会社が携帯端末毎のアクセス実勢レポートを公開したようです(2009年10月版)
    このエントリをはてなブックマークに登録

フォーラムからのタレコミです。
情報提供ありがとうございます。

2009年11月18日にビートレンド株式会社が、携帯端末毎のアクセス実勢を調査し発表したようです。

→ ビートレンド株式会社 プレスリリース ビートレンド、携帯端末毎のアクセス実勢を調査 [betrend.com]

 

ビートレンドが提供しているサービスへのアクセス実績から調査されたレポートのようです。
調査期間は、2009年10月1日~10月31日までの1ヶ月間とのことですので、最新の情報ですね。

 

詳細は上記ページを見ていただくとして、主な調査結果を引用させていただくと、次のようになっているようです。

 

・キャリア別アクセス数

docomo 60.9% (56.0%)
au 29.6% (36.6%)
SoftBank 9.5% (7.4%)

 

・HTMLメール対応端末の割合

対応端末 97.6% (97.3%)
非対応端末 2.4% (2.7%)

 

・Flash®対応端末の割合

対応端末 99.2% (99.4%)
非対応端末 0.8% (0.6%)

※カッコ内は2009年7月時点の数値

 

auが大きくシェアを落としているようです。

HTMLメールやFlashは、さすがにもう完全に定着したという認識でコンテンツを作ってしまって問題ないですね。

 

今回の調査結果にはありませんが、個人的にはドコモのiモードブラウザ2.0(JavaScriptや外部CSSなどが使える)が、どの程度のシェアを持っているか気になるところです。

このあたりが調べられたレポートを、もしご存知の方がいましたら教えてください。

 

関連:


 

最近の記事







コメントを書く