ドコモのクッキー対応端末(iモードブラウザ2.0)のシェアは現状どれくらいなのかを調べてみました
    このエントリをはてなブックマークに登録

先日からモバイル界隈をざわつかせていた、ヤマト運輸のかんたんログイン脆弱性問題で気になったので、ドコモのクッキー対応端末(iモードブラウザ2.0)のシェアを調べてみました。

 

まずヤマト運輸の問題について知らないという方はこちら。

→ ヤマト運輸の携帯Webサイトに「かんたんログイン」関連の脆弱性があったようです [ke-tai.org]

→ ヤマト運輸ケータイサイトに脆弱性があった問題の続報 [ke-tai.org]

 

今回の問題に対する一番の対策は、端末IDを使った認証(いわゆる「かんたんログイン」)を使わずに、通常のPC向けサイトと同じようにクッキーでログイン情報を管理することです。

ところが困ったことに、au・ソフトバンク端末は事実上ほぼ全ての端末がクッキーに対応しているのに対し、ドコモは2009年の夏モデルから登場した「iモードブラウザ2.0」端末でしか、クッキーに対応していません。

今後機種変などで徐々に入れ替わって行くと思われますが、現時点で対応端末がどれくらいのシェアを取っているのか、正確な情報を知ることが重要と思われますので調べてみました。

 

参考にしたのはこちらのページです。
2010/10/19の更新ですので、現時点で一般人が知り得る中では、ほぼ最新の統計と言えると思います。

→ Web担当者Forum モバイルユーザー傾向DATABOX(2010年8月) [web-tan.forum.impressrd.jp]

 

ひとまずiモードブラウザ対応端末である可能性があるものとして、ドコモ端末の中で「a」と「b」というのを対象とすると、それぞれ「30%」と「21%」ということになります。
つまり51%がiモード2.0対応端末候補です。

20101028share1

 

しかし、これらの端末の中にもiモードブラウザ2.0端末ではないものも多くあります。

対応・非対応端末の詳細はこちらにあるPDF資料を参考にしてください。

→ NTTドコモ 作ろうiモードコンテンツ:端末スペック一覧 [www.nttdocomo.co.jp]

 

この資料によるとa,bに該当する78端末中、33端末(42.3%)がiモードブラウザ1.0端末、45端末(57.7%)がiモードブラウザ2.0端末です。
もちろん端末ごとにシェアは異なるので正確ではありませんが、大体のiモードブラウザ2.0対応端末の割合は、

51 * 0.577 = 29.4%

で、ドコモ全体の29.4%と考えられます。
(つまりドコモの中でクッキー非対応端末の割合は70.6%)

 

20101028share2

 

ドコモのシェアが56.9%ですので、全体の中での割合を計算すると、、、

70.6 * 0.569 = 40.17%

ということで、全キャリアの中で約60%がクッキー対応端末で、約40%は非対応端末ということになります。
(前述の端末シェアの問題で、完全に正確ではないですが、おおむねこんな感じでしょう)

 

もちろん40%というこの数字は、今後どんどん減っていくことが予想されますが、とりあえず現状はこんな感じのようです。

 

関連:


 

最近の記事







One Response to “ドコモのクッキー対応端末(iモードブラウザ2.0)のシェアは現状どれくらいなのかを調べてみました”

コメントを書く