ツーカーのサービスが2008年3月31日でついに終了へ
    このエントリをはてなブックマークに登録

世間はエイプリルフールネタで盛り上がっていますが、当サイトはいつも通り更新したいと思います。

KDDIに吸収されつつも、細々とサービスを続けてきたツーカーですが、ついに昨日の2008年3月31日でサービス終了となりました。
各ニュースサイトでも特集記事として取り上げられています。

→ ITMedia +D Mobile ツーカー携帯電話サービス終了 約15年の歴史に幕 ツーカーの最後を看取る [itmedia.co.jp]

→ IT+PLUS さらばツーカー・5人の元社員が語る15年の歩み [nikkei.co.jp]

→ ITPro ツーカー携帯電話サービスが3月31日で終了,auへの同番移行とMNP転出は引き続き受け付け [nikkeibp.co.jp]

 

松本人志によるCMや、ツーカーS [impress.co.jp] に代表される「シンプルケータイ」戦略でサービスを進めてきたツーカーだったのですが、とうとう15年間にも渡るサービスが終わってしまいました。どの記事も寂しさに満ちています。

私も過去に行った仕事で、担当した関西エリアにツーカーユーザが多く、苦情やHDMLとHTMLとの書き分けなどの対応に苦しめられましたので、とても感慨深いものがあります。

これに続き今年の5月31日には、KDDIの「EZweb@mailコース」がサービス終了となり、これでHDML機(「UP.Browser」から始まるユーザエージェントの端末)からのアクセスは無くなるようです。

→ KDDI ニュースリリース  au携帯電話における「EZweb@mailコース」の提供終了について [kddi.com]

振り分け処理などは楽になるのですが、少し寂しい感じがしますね。
ケータイスペック一覧からも、折りを見て削除しようと思います。
15年間おつかれさまでした。

 

関連:


 

最近の記事







One Response to “ツーカーのサービスが2008年3月31日でついに終了へ”

コメントを書く