openpearに「Net_Pocketbell」というパッケージを作ってみました(後編)
    このエントリをはてなブックマークに登録

昨日の記事に続いて後編です。

前編ではパッケージの作成とチェックアウトまでを解説しましたので、その続きです。
openpearにパッケージの追加を行い、インストールまでの方法を解説していきます。

 

4. プログラムを作成する

チェックアウトに成功した場合「trunk」と「tags」というフォルダが出来ていると思います。

その中にプログラムを作成していきましょう。
通常はtrunkの下に追加していくことになります。
このあたりはSubversionの解説サイトを参考にしてください。

プログラムが完成したらコミットしておきます。

 

5. パッケージをリリースする

画面上部メニューのパッケージ一覧から、自分のパッケージを選択します。

パッケージ詳細画面で、画面中央の「プロジェクト情報編集」リンクをクリック、続いて次画面で「パッケージをリリースする」をクリックします。

バージョンやライセンスなどのリリース情報を設定します。

詳細な設定リンクを押すことで、インストールディレクトリ指定や依存関係の設定なども行うことができます。

 

6. パッケージをインストールする

これで一通りの作業は完了です。

# pear channel-discover openpear.org
# pear install openpear/Net_Pocketbell-beta

でインストールが可能です。
実際にインストールして試してみましょう。

 

7. Net_Pocketbellの解説

Net_Pocketbellは、ポケベルの数値表記をカナにしたり、その逆変換を行うためのものです。
具体的な使い方は次の通りです。

クラス生成時の引数は、「NTT」がNTT方式、「TM」がテレメッセージ方式となっています。

サンプルコード:

<?php
require("Net/Pocketbell.php");

// インスタンスの作成('NTT' or 'TM')
$pb = new Pocketbell('NTT');

// 数字→カナへの変換
echo $pb->num2kana('11121399');

// カナ→数字への変換
echo $pb->kana2num('アイウエオ');
?>

実行結果:

アイウ[電話]
1112131415

このように大変実用的(?)なライブラリとなっていますので、皆さん是非ご活用ください。

 

openpearは気軽にパッケージ登録ができ、とても便利なサービスでオススメです。
PHP使いの方は試してみてはいかがでしょうか。

 

関連:


 

最近の記事







コメントを書く