Apacheモジュールによるケータイコンテンツ自動変換機能がついたレンタルサーバサービスが登場したようです | ke-tai.org - インフィニットループ

Apacheモジュールによるケータイコンテンツ自動変換機能がついたレンタルサーバサービスが登場したようです
    このエントリをはてなブックマークに登録

donさんからのタレコミです。
(情報提供ありがとうございます)

Apacheモジュールによるケータイコンテンツの自動変換機能がついたレンタルサーバサービスが登場したようです。

 

→ LaIT レンタルサーバ webrex – 独自ドメインによるWeb&メールホスティング(共有レンタルサーバ) [la-it.jp]

 

LaITは7/29から受付を開始したWebホスティングサービスで、2000円/月~の最下位プランでも携帯向けのコンテンツ変換機能が利用できるとのことです。

 

コンテンツの変換には、Apacheモジュール型の変換エンジンroundabout [symmetric.co.jp]を使っているとのことです。

携帯コンテンツ変換機能には、XHTMLやCSS展開、絵文字変換などを行ってくれる無料機能と、画像変換や端末グルーピングなどの有料機能があり、無料機能はどのプランでも0円で利用できますが、有料機能を使う場合には月額20,000円が別途必要になります。

また、Apacheモジュール型の変換エンジンですので、PHPなどと組み合わせて使うことも可能とのことです。

 

JPGとGIFをメインで使って画像サイズも固定でよければ、画像変換機能は特になくても大丈夫そうですし、月額2,000円でこの機能が使えるのはお得ですね。
IIJというのも安心感があります。

ケータイサイトのホスティング先を検討中の方は、候補に入れてみてはいかがでしょうか。

 

関連:


 

最近の記事







コメントを書く