Archive for 8月, 2010

モバゲータウンPC版のサービスが終了し、ヤフーモバゲーに引き継ぎとなるようです

2010/8/24 火曜日 Posted in ニュース | No Comments »

SNS関連のニュースです。 モバゲータウンPC版のサービスが終了となり、新たにヤフーモバゲーという形でサービスを継続する形になるようです。   → モバゲータウン PC版モバゲータウンのサービス終了と、Yahoo!モバゲーのサービス開始に関するお知らせ [www.mbga.jp]   2008年7月25日にオープンしたモバゲータウンPC版ですが、9月21日にサービス終了となり、新たにヤフーモバゲーという形でサービスを開始するとのことです。 Yahoo! JAPAN IDが必要なサービスとなるようですが、モバゲータウンのIDと連携して各種コンテンツを利用できるようです。   ヤフーモバゲーは、PC用ゲームなどモバゲーにはなかった独自サービスが提供される予定とのことですので、こちらも楽しみですね。   関連: SNSサイトの利用実態調査によると「GREE」は40代に人気とのことです ブックレビュー:DBマガジン2010年8月号「モバゲータウン構築/運用のすべて」 DeNAのサービスを開発・運営するに当って得た知識を技術陣が執筆するブログ「Technology of DeNA」 Read more..

日本通信がドコモ網でSIMフリーのiPhone 4を使えるマイクロSIMカードを正式発表、通信速度制限無しで月額6260円

2010/8/23 月曜日 Posted in iPhone | No Comments »

先日から噂が流れていましたが、日本通信がドコモ網でSIMフリーのiPhone 4を使えるマイクロSIMを正式に発表したようです。   → 日本通信株式会社 日本通信、ドコモ網でiPhone 4を快適に使えるマイクロSIMを発表 [www.j-com.co.jp] → ケータイWatch 日本通信、SIMフリー版「iPhone 4」対応のmicroSIMカード [k-tai.impress.co.jp] → 週アスPLUS 通信速度制限ナシ! iPhone4をドコモ回線で定額利用できるマイクロSIMカードが正式発表!! [weekly.ascii.jp]   利用料金は月額固定で6260円(無料通話1050円分を含む)、制限がかかると言われていた通信速度は、なんと制限無しとのことです。(ただし、テザリング機能利用時は300kbps制限が入るようです)   ただ、あくまでこのSIMカードは、SIMフリーのiPhone用のもので、国内で販売されているソフトバンクのiPhone4には利用できませんので注意が必要です。 SIMロックがかかっていないiPhone4を手に入れるには、実際に海外に行って購入してくるか、通販やオークションで購入するしかありません。   ヤフオクで検索すると、大体10万円前後で取引されているようです。 こちらのブログによると、香港版のiPhoneは16GBモデルで496ユーロとのことです。 円高も手伝って、いま輸入すればかなりの差益ですね。   香港では、iPadは家電量販店で普通に単体購入できるそうですが、iPhone4はどのような扱いになっているのでしょう。 知っている方がいましたら教えてください。   関連: 日本通信がmicroSIMカードを発売、iPhone4やiPadをドコモ回線で使用可能に(ただしSIMロックなしに限る) SIMロックの是非を討論する「SIM LOCK in Japan2」が4月16日21時からニコ生およびUstで中継されるとのことです SIMロックを巡る最近のケータイ事情について Read more..

公式Androidエミュレータを使ってPC上にテスト環境を用意する方法まとめた記事「Android携帯を買わずにAndroid OSをテストドライブしてみようじゃないか」

2010/8/20 金曜日 Posted in Android, 記事紹介・リンク | 3 Comments »

ここ最近いわゆるガラケーに取って代わってシェアを伸ばしつつあるスマートフォンですが、PC・ケータイ・スマートフォンの3種対応などという案件もそろそろ増えてきたのではないでしょうか。   サイトやアプリを作成する上で必要になるのがエミュレータですが、Androidのエミュレータは公式サイト(android.com)上で公開されているものの、セットアップ方法がやや面倒だったりします。 そんなエミュレータのセットアップ方法を詳しくまとめたサイトが、先日人気を集めていたようですので、ご紹介させていただきます。   → ライフハッカー Android携帯を買わずにAndroid OSをテストドライブしてみようじゃないか [www.lifehacker.jp]   ダウンロードからインストール、その後の設定方法まで詳しく解説されています。 上記のアンドロイドエミュレータは、Windows、Mac、Linux上で動作しますので、基本どのプラットフォームの方でも大丈夫です。 参考にしてみてはいかがでしょうか。   また別の記事ですが、ASCII.jpで連載されている「実践!iPhone&Androidサイト制作ガイド」記事の中でも、同じような解説があります。 → ASCII.jp 実践!iPhone&Androidサイト制作ガイド 作って学ぶスマートフォン対応サイトの基本 [ascii.jp]   こちらの連載は以前にも軽くご紹介させてもらったのですが、なかなかタメになる内容も多いため、また折を見て記事にさせていただきたいと思います。   なお、iPhoneのエミュレータはApple公式のものがありますが、今のところMac専用となっています。 Windowsだと、「iPhoney」や「AIR iPhone」のように幾つかのエミュレータソフトが公開されているのですが、ちょっと使い勝手がよくありません。 何かオススメのソフトがありましたら教えてください。   関連: MacOSX上で動くiPhoneシミュレーター「iPhoney」 Adobe AIRで作成されたiPhoneエミュレータ「AIR iPhone」 PC上でCDやUSBからAndroidをブートできる「Live Android」を試してみました Read more..

国内有名企業のケータイサイトの価値がわかる「Mobile Equity2010 モバイルサイト価値ランキング」

2010/8/19 木曜日 Posted in 記事紹介・リンク | 1 Comment »

興味深い記事がありましたのでご紹介します。 国内有名企業のケータイサイトの価値がわかる「Mobile Equity2010 モバイルサイト価値ランキング」というページです。   → 日本ブランド戦略研究所 Mobile Equity2010 モバイルサイト価値ランキング [japanbrand.jp] → 日本ブランド戦略研究所 Mobile Equity2010 モバイルサイト価値ランキング 調査内容の詳細 [japanbrand.jp]   国内の有名企業のサイト210を対象としたランキングとなっています。 ケータイユーザの利用者数や利用率、サイト評価などからその価値が算出されています。 あくまで企業サイトを対象としたもので、例えばモバゲーやGREEなどのSNS・ゲームサイトなどは入っていないようです。   1位は日本マクドナルドで約137億円、2位は日本コカ・コーラで約66億円、3位はパナソニックで48億円となっています。 やはり、クーポン系が提供されているサイトは価値が高くなる傾向があるようです。 ただ3位のパナソニックはちょっとよくわかりませんね。 (見てみたのですが、まあ普通のサイトでした)   なかなか興味深いランキングとなっていますので、気になる方は見てみてはいかがでしょうか。   関連: 販促ケータイメールで売り上げを上げた事例紹介記事「すごい現場~事例に学ぶ 大丸、携帯メールで140億円増収」 SNSサイトの利用実態調査によると「GREE」は40代に人気とのことです 2009年のモバイルコンテンツ関連の動向や市場規模がまとめられた資料「総務省 モバイルコンテンツの産業構造実態に関する調査結果」 Read more..

公式サイト以外の中小企業や個人店舗でもドコモのiコンシェルが利用できるようになったようです

2010/8/18 水曜日 Posted in DoCoMo, ニュース | No Comments »

今日から夏休みが終わり平常運用です。 また頑張って更新していこうと思いますので、どうぞよろしくお願いします。   オートGPSと連動して、周辺にある店舗情報や、気象・交通情報などを知らせてくれるサービスであるドコモのiコンシェルですが、今までは公式コンテンツを運営するコンテンツプロバイダ以外は情報提供ができませんでした。 しかし、今回提供が開始された「iコンシェル提供サイト」によって、誰でもiコンシェルで情報配信できるようになるようです。   → NTTドコモ 携帯販促・集客は[ドコモ公式]iコンシェル提供サイト [nttdocomo.co.jp] → ケータイWatch ドコモ、中小企業/個人商店向け「iコンシェル提供サイト」 [k-tai.impress.co.jp]   iコンシェルの配信には申請が必要で、上記のiコンシェル提供サイトから行うことができます。 個人商店であっても、実店舗を構える事業者であれば、iコンシェルサイト上にある「iコンシェルが役立つお店」内に店舗情報が掲載されるようです。 配信できるのは、待受画面上に情報を表示する「インフォメーション」、クーポンを取り扱える「トルカ」、イベント情報を登録できる「iスケジュール」の3つ種類となっているとのことです。   利用料は、サーバスペースなどを提供してくれる「おまかせプラン」で月額630円。 サーバを自前で用意すれば無料で利用できるようです。   iコンシェルは以前私も使ったことがありますが、まだまだ登録店舗数が少なく、いまいち盛り上がりに欠けていました。 今回のサービスは、お値段もリーズナブルですし、事業者にとっても利用者にとっても面白いサービスになるのではないかと思います。 興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。 クライアントに提案してみるのも良いと思います。   関連: iアプリが今年11月にオープン化し、iアプリDXの機能の一部が個人にも開放されるようです 2010年7月にドコモとauのIPアドレス帯域が追加されます 国内ケータイ各社のcookie対応率がまとめられた記事「携帯Webのクッキー利用について調べてみたメモ」 Read more..