アドビがモバイル向けFlashの開発打ち切りを決定したようです

2011/11/11 金曜日 Posted in Flash, ニュース | No Comments »

ニュースです。 アドビがモバイル向けFlashの開発打ち切りを決定したようです。   たぶん日本語で最初に流れたのはこの情報です。 → Engadget Japanese アドビ、Android ブラウザ向け Flash の開発を終了へ(ZDNet報道) → Engadget Japanese 正式発表:アドビ、モバイルブラウザ向け Flash の開発を終了。HTML5へ注力   他のニュースサイトでも、かなり大きく取り上げられています。 → CNET Japan アドビ、モバイル版「Flash Player」の開発を中止 [japan.cnet.com] → ケータイWatch 米アドビ、モバイル向けFlash Playerの開発打ち切りへ [k-tai.impress.co.jp]   また合わせてテレビなどの家電デバイス向けに作られたFlash Playerの開発も中止になるとのことです。 → CNET Japan アドビ、テレビ向け「Flash Player」の開発も中止へ--モバイル版に続き [japan.cnet.com]   ここでいうモバイル向けFlashとは、Android端末はもちろん、ケータイに搭載されているFlash Liteも含まれると思われます。 恐らく日本だけのガラパゴス状態ではあるものの、国内ではまだまだ使われている技術なので、衝撃は大きいですね。 (これ以上バージョンアップしないので、ある意味開発はしやすくなりますが)   アドビとしては今後は「HTML5」に注力していくと発表しています。 今回の発表はモバイルだけですが、今後の技術のトレンドを担っていくのは、スマートフォンをはじめとするモバイルデバイスと言われていますので、PC版Flashの方向性にも少なからず影響が出てくると思います。 Flashエンジニアの方にとっては、大きなキャリアパス変更が求められるのではないでしょうか。   関連: まだまだ使われているFlash Lite 1.1に関するまとめ記事「FlashLite1.1コンテンツ開発ならこの記事を見れば大丈夫。(2011年8月版)」 @ITにFlash Liteを少しでも軽くするためのテクニックがまとめられた記事「知らないと損するケータイFlash軽量化テク30連発!」が掲載されています ブックレビュー:Flash プロの現場の仕事術 CS5/CS4/CS3対応 Read more..

DreamweaverがjQuery Mobileに本格対応し、スマホアプリも作成できるようになったようです

2011/4/19 火曜日 Posted in 記事紹介・リンク | No Comments »

AdobeのWebオーサリングツールであるDreamweaverですが、新しいバージョンとなる「Dreamweaver CS5.5」からjQuery Mobileに本格対応し、スマートフォン向けモバイルサイトの作成や、アプリ作成が行える強力なツールとなったようです。   具体的にどんな機能が追加されたかというのは、下記のサイトがわかりやすいです。 こちらのサイトには、各機能の紹介とムービーへのリンクがあります。 → Publickey jQuery MobileにDreamweaverが対応。モバイルアプリケーション開発ツールとして本命に急浮上! [publickey1.jp]   ASCII.jpでは3ページにわたってチュートリアル的な具体例が紹介されています。 → ASCII.jp Dreamweaver CS5.5でスマホアプリ作ってみた [ascii.jp]   スマートフォン向けのJavaScriptフレームワークとして注目されているjQueryMobileとシームレスに連携している上に、PhoneGapでネイティブアプリケーションを生成する機能まで付いているようです。 これは強力ですね。 気になるお値段ですが、Adobeの購入ガイドページによると、アップグレード版で15,750円から、単体購入の場合の値段は見つけられませんでしたが、恐らく5万円弱くらいになりそうな感じです。 5月下旬発売とのことですので、興味のある方は予約してみてはいかがでしょうか。   関連: 「jQuery Mobile Alpha 3」がリリースされたようです スマートフォン向けJavaScriptフレームワークであるjQueryMobileの使い方がわかりやすく解説されている記事「はじめてのjQueryMobile」 jQueryをスマートフォンなどのモバイルデバイスへ対応させるためのライブラリ「jQuery Mobile」の関連記事まとめ Read more..

AdobeがFlashをHTML5に変換するツール「Wallaby」を公開したようです

2011/3/10 木曜日 Posted in Flash, HTML5 | No Comments »

ニュースです。 アドビがFlashをHTML5に変換するツール「Wallaby」を公開したようです。   → ITmedia News Adobe、FlashをHTML5に変換するツール「Wallaby」公開 [itmedia.co.jp] → Publickey アドビ、FlashをHTML5に変換するツール「Wallaby」、ターゲットはiOS、ActionScriptは未サポート。アドビのこの先に見えるものとは? [publickey1.jp]   本家のページはこちらです。 → Adobe Labs - Wallaby | Adobe Flash FLA to HTML [labs.adobe.com]   以前にも似たような機能を持つツールはありました、例えばこのブログでも紹介させてもらったことのある「Smokescreen」です。 → ke-tai.org FlashをHTML5・JavaScriptに変換して動かすSmokescreenというものがあるそうです [ke-tai.org]   しかしながら今回の「Wallaby」は、なんといってもAdobeが作ったツールというところが大きいでしょう。 しかもメインターゲットとしてiOS、つまりiPhoneやiPadをにらんでいるようです。   ActionScriptの変換には未対応とのことなので、今のところゲームなどの変換には向いていませんが、まだテスト的なリリースですしバージョンアップ次第ではどうなるかわかりません。 もちろん完全に変換を行うのは難しいとは思いますが、今後の更なる開発に期待したいところですね。   関連: IBM developerWorksにHTML5モバイルアプリ用フレームワーク「Sencha Touch」の記事がありました KAYAC engineers’ blogにFlash Liteの動的生成に関する記事が掲載されています @ITのケータイ向けFlash Lite開発に関する記事「Flash Liteで嘆かないための3つのコーディングTips」 Read more..

Adobe公式サイト内で連載が開始された「Flash Lite入門講座」

2009/5/28 木曜日 Posted in Flash, 記事紹介・リンク | No Comments »

Adobeのデベロッパーセンター内で、FlashLiteに関する連載記事「Flash Lite入門講座」が開始されたようです。 著者はこれまでも何度か記事をご紹介させていただいたことのある、国内ケータイFlashの第一人者である岡田昇三氏です。   → ADOVE DEVELOPER CONNECTION デベロッパーセンター Flash Lite入門講座 第1回 日本のFlashLiteの仕様 [adobe.com] → HI-POSI Blog Archive Adobe DevNetで連載開始 [hi-posi.jp]   第1回の内容としては、以前ご紹介したThinkITの記事「ざっくり解説FlashLiteの仕様」をベースに、加筆・修正したものとのことです。 とはいえ、図表も含めて多くの部分が変更されており、上記記事を読んだことのある方でも、もう一度見る価値のある内容となっています。   これを見れば、現在のFlashLiteがおかれた状況を理解することができ、例えばPC用のFlashしか触ったことがないけれど、ケータイのFlashLiteをやってみたい、という方なんかにはぴったりの内容となっています。   しかし、Adobeの公式サイトでこのような連載が始まるというのは嬉しいですね。 第2回以降の掲載が待ち遠しいです。   関連: モバイルサイトへのFlashLite導入事例を解説した記事「Flash Lite導入サイトまとめ読み」 ケータイFlashの仕様が詳細にまとめられた記事「ざっくり解説 - Flash Liteの仕様」 次号のWeb Designing(2008年7月号)は、ケータイ特集になるようです Read more..