iPhoneアプリの3G回線でのインストール制限が緩和され50MBまで可能に
    このエントリをはてなブックマークに登録

iPhoneアプリ開発者に大ニュースです。

3G回線を使ったiPhoneアプリのインストールの容量上限は従来20MBまでで、それ以上の容量の場合は、WiFi経由でのインストールが必要でした。

今回アップデートでこの制限が緩和され50MBまで可能になったようです。

 

このように現時点で実機から確認できます。

 

これは小さいように見えて、なかなか大きな修正となります。

アプリの種類にもよりますが、通常の制作時には、極力20MBに納めるよう苦労して作りますし、それによって仕様自体が曲がる事も多いです。

またTitaniumやUnityなどでは、容量制限が厳しいという理由で、これらツールの導入を見送るケースがあったのですが、この辺もぐっと楽になりますね。

いずれにしても、アプリ開発者にとっては朗報なのではないでしょうか。

 

関連:


 

最近の記事







コメントを書く