異なるキャリア間でのSMS(ショートメッセージ)サービスが本日2011年7月13日開始されました
    このエントリをはてなブックマークに登録

2011/7/13 水曜日 matsui Posted in au, DoCoMo, SoftBank, ニュース No Comments »

本日2011年7月13日、異なるキャリア間でのSMS(ショートメッセージ)サービスが開始されました。

 

→ CNET Japan 他社の携帯電話へもメッセージ送受信可能に [japan.cnet.com]

→ 週アスPLUS 本日7月13日よりキャリア間SMS開通! [weekly.ascii.jp]

 

今後は電話番号さえ知っていればとりあえずメッセージが送れるようになりますので、便利になりますね。

気になる送信料金は、ドコモ・au・ソフトバンクが3.15円/通となり、受信は無料です。

 

今後は1キャリアの対策が悪いスパムが来ることになりますから、そこが心配ではありますが、何かと便利そうなサービスですね。

 

関連:



関東甲信越で契約したドコモ端末に長時間の通信障害があったようです
    このエントリをはてなブックマークに登録

2011/6/6 月曜日 matsui Posted in DoCoMo, ニュース No Comments »

ニュースです。

本日6月6日、関東甲信越で契約したドコモ端末に長時間の通信障害があったようです。

 

→ NTTdocomo お知らせ 関東及び甲信越地域でFOMA、Xi 、mova及び衛星携帯電話をご契約された一部のお客様がご利用しづらい状況について [nttdocomo.co.jp]

→ 日本経済新聞 ドコモの通信障害が復旧 原因は加入者照会の設備故障 172万人に影響 [www.nikkei.com]

→ ケータイWatch ドコモの関東甲信越契約者に通信障害、172万人に影響 [k-tai.impress.co.jp]

 

加入者照会の設備故障で、午前8時27分頃から午後9時36分までの間、音声通話およびパケット通信ともに繋がりにくい状態になっていたようで、現在は復旧しているとのことです。

ドコモでこれだけ長時間の障害は珍しいですね。

 

関連:



2011年7月13日からキャリアを超えてSMS(ショートメッセージサービス)のやりとりができるようになるようです
    このエントリをはてなブックマークに登録

2011/6/2 木曜日 matsui Posted in au, DoCoMo, SoftBank, ニュース No Comments »

ニュースのご紹介です。

2011年7月13日からキャリアを超えてSMSのやりとりができるようになるようです。

大きなニュースなので、あちこちのサイトで取上げられていますが、こちらの記事が詳しく書かれています。

→ ケータイWatch 携帯各社、SMSの相互接続サービスを7月13日スタート [k-tai.impress.co.jp]

 

NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー、ソフトバンクモバイル、イー・アクセスの5社のユーザ間でSMSのやり取りができるようになるとのことです。

2009年に取上げたこちらのニュースの成果がようやく実った感じでしょうか。

→ ke-tai.org SMS(ショートメッセージサービス)が異なるキャリアでも利用できるようになるようです [ke-tai.org]

 

スパムが増えたりしないかなというのは少し心配ですが、通信の選択肢が増えるというのは喜ばしいことですね。

 

関連:



ガラケー独自のstyle=”○○○”形式で書かれたインラインCSSをHTMLと分離してくれるサービス「Cascader」
    このエントリをはてなブックマークに登録

2011/5/20 金曜日 matsui Posted in DoCoMo, ソフト紹介, 記事紹介・リンク No Comments »

ガラケー用のホームページを作る場合、ドコモの古い端末が外部CSS形式の表記に対応していないため、style=”xxx”といったインラインCSS形式で記述を行わなくてはなりません。

こういったガラケー向けの独自形式で書かれたHTMLを、スマートフォンやPCなど他の環境で使い回すには、全面的な書き直しが必要になるのですが、その手間を省くことができそうなサービスがありました。

 

「Cascader」というサービスで、HTMLとCSSファイルとを分割してくれます。

海外のサービスですので、当然ガラケー向けに作られたサービスではありませんが、役に立ちそうです。

 

→ Cascader – Cleaning Up The Web [cascader.co]

 

「Cascader」というサービスは、この記事で知りました。

→ WEBマーケティング ブログ インラインCSSで書かれたHTMLを一撃でCSSファイルと分割する「Cascader」 [web-marketing.zako.org]

 

使い方は簡単で、ガラケー向けに作られたHTMLをコピペするだけで、自動的にCSSとHTMLファイルに分割されます。

 

単純な置換というわけではなく、同じ属性のスタイルは一つのクラスにまとめてくれたりもするようです。
styleだらけのHTMLでも安心です。

 

外部CSSに対応していないのは、iモードブラウザ1.0の端末だけですので、今後そのシェア徐々には減っていくと思われます。

iモードブラウザ1.0の端末を切り捨てるタイミングや、既存モバイルサイトのスマートフォン版対応などでこのサービスを使うと、きっと楽ができるのではないでしょうか。

 

関連:



ドコモのiモード系サービスのスマートフォン移行が気になる
    このエントリをはてなブックマークに登録

2011/5/19 木曜日 matsui Posted in Android, DoCoMo No Comments »

ドコモのiモード系サービスがどんどんスマートフォンに移植されています。

昨年の秋にサービスが始まったspモードをはじめとして、少しずつサービスの移植が進んでおり、先日の2011年夏モデルの発表会でも、情報配信サービス「iチャネル」や、呼出音設定サービス「メロディコール」、テレビ番組表「Gガイド番組表」、オークションサービス「楽オク」の4サービスの提供スケジュールが発表されました。

→ ケータイWatch iモード系サービスが続々スマートフォンに対応、継続利用可能に [k-tai.impress.co.jp]

 

これらの細かいサービスの移植は良いとして、もっとも気になるのはいわゆる「公式サイト」です。

マイメニューから入ることのできるこれらのガラケー専用のサービスはかなりの数が存在しています。

厳しい審査が必要なものの、月額課金制が基本になっており、ユーザもそれに慣れきっているため、比較的ビジネスモデルを構築しやすい形になっています。

 

この公式サイトの認証・課金方式が、今年の冬にはスマートフォンからも利用できるようなるようです。

今年冬には、スマートフォン向けにiモードの課金・認証の仕組みを導入。iモード端末ユーザーが「マイメニュー」をそのまま引き継ぎ、iモード公式サイトコンテンツをスマートフォンでも利用できるようにする。

と書かれていますので、あくまで憶測ですが、おそらく現在使われている認証方法である「NULLGWDOCOMO」方式がそのまま採用されるのではないでしょうか。

→ CNET Japan 「iモードサービスのスマホ移行は有力な武器」–ドコモ山田社長 [japan.cnet.com]

→ ITmedia +D Mobile 「スマートフォンでiモード」を普及の「武器」に ─ ドコモ夏モデル発表 [www.itmedia.co.jp]

 

ドコモとしては、これらの巨大な資産をなんとかスマートフォンに引き継いで行きたいところだと思うので、今後の動向に注目したいところです。

また他キャリアの対応もどうなっていくか気になるところですね。

 

関連: