モバゲーがゲーム用APIを公開するとのことです
    このエントリをはてなブックマークに登録

DeNAのモバゲーがオープン化推進の一環として、OpenSocial準拠のAPIとゲーム用のAPIを公開するとのことです。

 

→ DeNA プレスリリース 「モバゲータウン」、ゲームのオープン化について [dena.ne.jp]

→ CNET Japan モバゲータウンがゲームAPIを公開–SNSオープン化の波がモバイルにも [japan.cnet.com]

→ ITmedia News モバゲー、ゲームAPI公開 OpenSocial準拠で「mixiアプリ」追撃 [itmedia.co.jp]

 

先日同じくSNS大手のmixiが「mixiアプリ [mixi.co.jp]」をリリースしたばかりですので、それに対抗しての処置ということなのでしょうか。

 

今回のオープン化で、一般ユーザもモバゲータウンのユーザに対してゲームを公開できることになります。

課金用のAPIも用意されているようで、有料のアプリやアイテム課金などもできる模様です。

詳しくは、9月上旬には開発者向けサイトがオープンする予定とのことですので、その中で公表されていくのだと思います。

 

モバゲータウンのユーザ数は6月末時点で1448万人、この市場は大きいですね。

私も最近仕事でブラウザゲームを開発しているため、このニュースは大変気になるところです。
続報がありましたら、またご紹介させていただきます。

 

関連:


 

最近の記事







コメントを書く