docomoのIPアドレス帯域が12月16日に追加されるようです
    このエントリをはてなブックマークに登録

2009/11/18 水曜日 matsui Posted in DoCoMo, サーバ No Comments »

来月の12月16日に、ドコモのIPアドレス帯域に変更があるようです。
少し前に更新されていた情報のようですが、さきほど気づきました。

→ NTTdocomo 作ろうiモードコンテンツ iモードセンタの各種情報 [nttdocomo.co.jp]

 

追加となるIPアドレス帯域は次の通りです。

124.146.175.0/24 (2009年12月16日に追加)

 

以前から追加予定のIPアドレスとしては載っていたのですが(当初は9月追加予定となっていた)、少し時期が遅れてようやく追加となるようですね。

 

元々追加予定のものだったため、既にリストに入れている方も多いとは思いますが、サーバ管理者の方は作業をどうぞお忘れなく。

 

関連:



AWStatsを使って国内ケータイのアクセス数を集計するには(CentOS5編)
    このエントリをはてなブックマークに登録

2009/11/12 木曜日 matsui Posted in サーバ 2 Comments »

AWStatsはフリーのウェブサーバログ解析型のアクセス集計ソフトです。

フリーの割にはグラフィックがよく、日本人にも馴染みやすいインターフェイスのため、利用されている方も多いと思います。

→ AWStats official web site [awstats.sourceforge.net]

 

しかしながら、デフォルトでインストールしたままのAWStatsでは、国内ケータイ電話からのアクセス数を正しく集計できません。

※なぜか検索エンジン(ロボット)からのアクセスと判定されるようになっています。

 

今回はyumでインストールできるCentOS5標準rpmの場合を例にとって、ケータイからのアクセスが解析できるような修正方法をお伝えします。

 

参考にさせていただいたのはこちらのページです。
どちらも「AWStats 6.6完全日本語版 [starplatinum.jp]」をベースに書かれた内容となっています。

→ Euryale Ferox AWStatsでケータイサイトの解析(まとめ [agate.jp]

→ 携帯ヲタがやってしまいました [awstats]携帯完全対応させてみる [d.hatena.ne.jp]

 

上記の方法を利用してもいいのですが、やはりインストールが面倒ですし、yumでポンとセットアップしたいので、「CentOS5.4」 + 「awstats-6.9-1.el5」を例に取って進めていきます。

※恐らく他の環境でも、修正方法はほぼ変わらないでしょう。

 

まずはインストールです。
yumで一発インストールできます。

# yum install awstats

日本語版とは書かれていませんが、このバージョンで特に支障はないようです。
メニューなどもきちんと日本語化されて表示されます。
ログファイルをutf8に変換してから利用すれば、検索キーワードも文字化けせずに表示できます。

インストールは基本これだけです。

※ただし「/etc/httpd/conf.d/awstats.conf」を編集して、アクセスを許可するIPアドレスを設定しなければならないかもしれません。この辺りの説明は基本的なことで、今回の内容とは離れてしまうため省略します。

 

次にAWStatsの一部定義ファイルを修正します。

対象は次の3ファイルです。

 

・/usr/share/awstats/lib/browsers.pm

$ diff /usr/share/awstats/lib/browsers.pm.org /usr/share/awstats/lib/browsers.pm
173c173
< 'up\.',                                       # Works for UP.Browser and UP.Link
---
> #'up\.',                                      # Works for UP.Browser and UP.Link
176a177,181
> # add japanese mobile browsers
> 'j\-phone',
> 'vodafone',
> 'softbank',
> 'kddi',
359c364
< 'up\.','UP.Browser (PDA/Phone browser)',                                     # Works for UP.Browser and UP.Link
---
> #'up\.','UP.Browser (PDA/Phone browser)',                                    # Works for UP.Browser and UP.Link
362a368,372
> # add japanese mobile browsers
> 'j\-phone','J-Phone',
> 'vodafone','Vodafone (3G/Non-3G)',
> 'softbank','Softbank (3G)',
> 'kddi','au by KDDI (HTML Compatible)',
509c519
< 'up\.','pdaphone',                                    # Works for UP.Browser and UP.Link
---
> #'up\.','pdaphone',                                   # Works for UP.Browser and UP.Link
512a523,527
> # add japanese mobile browsers
> 'j\-phone',
> 'vodafone',
> 'softbank',
> 'kddi',

 

・/usr/share/awstats/lib/browsers_phone.pm

$ diff /usr/share/awstats/lib/browsers_phone.pm.org /usr/share/awstats/lib/browsers_phone.pm
555a556,560
> # add japanese mobile browsers
> 'j\-phone',
> 'vodafone',
> 'softbank',
> 'kddi',
1120a1126,1130
> # add japanese mobile browsers
> 'j\-phone','J-Phone',
> 'vodafone','Vodafone (3G/Non-3G)',
> 'softbank','Softbank (3G)',
> 'kddi','au by KDDI (HTML Compatible)',
1251a1262,1266
> # add japanese mobile browsers
> 'j\-phone',
> 'vodafone',
> 'softbank',
> 'kddi',

 

・/usr/share/awstats/lib/robots.pm

$ diff /usr/share/awstats/lib/robots.pm.org /usr/share/awstats/lib/robots.pm
710c710
< 'docomo',
---
> #'docomo',
1351c1351
< 'docomo','DoCoMo',
---
> #'docomo','DoCoMo',

 

browsers.pmとbrowsers_phone.pmでユーザエージェントの定義を追加し、robots.pmのコメントアウトでロボット扱いされるのを避けています。

browsers.pmとbrowsers_phone.pmのどちらにも修正がいるわけではないかもしれませんが、元からdocomoの定義が両方にあったので合わせて修正しておきました。
(※この辺りあまりよくわかっていないので、詳しく知っている人がいましたら教えてください)

 

20091108_awstats
無事集計されました

 

今回の修正はとりあえず集計するための最低限のものなので、そのうち時間があれば詳しく勉強してみたいと思います。

無料で使えるアクセス解析サービスである「GoogleAnalyticsモバイル版」や「myRTmobile」など、ケータイアクセス解析の選択肢は増えてきていますが、やはりそれとは別にサーバログ型のアクセス解析も合わせて利用したいところです。

興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。

 

関連:



iモードブラウザ2.0の特定ポートでの通信制限について
    このエントリをはてなブックマークに登録

2009/11/11 水曜日 matsui Posted in DoCoMo, サーバ, タレコミ, ニュース No Comments »

takatutoさんからForumへタレコミがありました。
(情報提供ありがとうございます)

先日アップデートで再有効化されたiモードブラウザ2.0ですが、iモードブラウザ、フルブラウザ共に特定ポートで通信制限がかかっているようです。

 

→ スラッシュドットジャパン iモードブラウザ2.0のアップデートにより閲覧できないサイトが発生 [slashdot.jp]

→ 鈴の音情報局blog 【とりあえずまとめ】ドコモの新ブラウザ・アクセス制限が見えてきた [suzunonejh.blog15.fc2.com]

 

上記サイトによると、iモードブラウザ・フルブラウザの両方で、次のようなhttp通信制限が行われているようです。

0~1023 : 80番を除き全て通信不可
1024~65535 : 通信可

 

80番を除いたウェルノウンポートが規制の対象のようです。

通常は80と8080くらいしかhttp通信には使うことは無いと思うので、影響範囲は少なそうですが、NATでサーバを分けたり、テストなどで他のポートを使っている場合などは規制の対象になってしまいそうですね。

 

JavaScriptの修正と平行してこのアップデートをいれる意味があまりよくわかりませんが、何らかの事前告知は欲しかったところです。

サーバを管理している方はご注意ください。

 

追記:

公式情報が出ていました。

→ NTTdocomo 作ろうiモードコンテンツ iモードブラウザ2.0 ご注意事項 [nttdocomo.co.jp]

 

関連:



Apacheモジュールによるケータイコンテンツ自動変換機能がついたレンタルサーバサービスが登場したようです
    このエントリをはてなブックマークに登録

2009/7/30 木曜日 matsui Posted in サーバ, タレコミ No Comments »

donさんからのタレコミです。
(情報提供ありがとうございます)

Apacheモジュールによるケータイコンテンツの自動変換機能がついたレンタルサーバサービスが登場したようです。

 

→ LaIT レンタルサーバ webrex – 独自ドメインによるWeb&メールホスティング(共有レンタルサーバ) [la-it.jp]

 

LaITは7/29から受付を開始したWebホスティングサービスで、2000円/月~の最下位プランでも携帯向けのコンテンツ変換機能が利用できるとのことです。

 

コンテンツの変換には、Apacheモジュール型の変換エンジンroundabout [symmetric.co.jp]を使っているとのことです。

携帯コンテンツ変換機能には、XHTMLやCSS展開、絵文字変換などを行ってくれる無料機能と、画像変換や端末グルーピングなどの有料機能があり、無料機能はどのプランでも0円で利用できますが、有料機能を使う場合には月額20,000円が別途必要になります。

また、Apacheモジュール型の変換エンジンですので、PHPなどと組み合わせて使うことも可能とのことです。

 

JPGとGIFをメインで使って画像サイズも固定でよければ、画像変換機能は特になくても大丈夫そうですし、月額2,000円でこの機能が使えるのはお得ですね。
IIJというのも安心感があります。

ケータイサイトのホスティング先を検討中の方は、候補に入れてみてはいかがでしょうか。

 

関連:



正しい作法にのっとったメンテナンス画面を出すための.htaccessサンプル
    このエントリをはてなブックマークに登録

2009/6/16 火曜日 matsui Posted in サーバ, 記事紹介・リンク 1 Comment »

本日はケータイに限定された話題ではありませんが、Web担当者ForumさんにApacheで正しい作法でメンテナンス画面を表示するための方法が説明された良記事がありましたのでご紹介したいと思います。

 

→ Web担当者Forum メンテナンス中画面を出す正しい作法と.htaccessの書き方 [forum.impressrd.jp]

 

Webサイトを運営している場合、コンテンツやプログラム更新作業などでメンテナンス表示を出したいことは多いと思います。

この記事では、利用者にも検索エンジンにも適切にメンテナンスを通知するためのやり方が解説されています。

 

ポイントとなるのは次の2点です。

  • .htaccess(もしくはhttpd.conf)とmod_rewirteを使ってどのページにアクセスされてもメンテ画面が出るようにする
  • 検索エンジンには503を返し、メンテ中画面をインデックスされないようにする

 

具体的な例としては次のようなサンプルが掲載されています。

ErrorDocument 503 /maintenance.html

<IfModule mod_rewrite.c>
  RewriteEngine On
  RewriteCond %{REQUEST_URI} !=/maintenance.html [NC]
  RewriteCond %{REMOTE_ADDR} !=192.168.0.4
  RewriteCond %{REMOTE_ADDR} !=192.168.0.5
  RewriteRule ^.*$ - [R=503,L]
</IfModule>

<IfModule mod_headers.c>
  Header set Retry-After "Sun, 14 Jun 2009 6:00:00 +0900
</IfModule>

 

192.168.0.4、192.168.0.5は、メンテナンス者のIPアドレスです。
これで一般のユーザにはメンテ中画面を出したまま、確認作業が行えます。

また念のためmod_headersを使ってメンテ終了予定時刻も通知しているようです。

詳しくは上記サイトに、最低限バージョン・しっかりバージョンの2パターンが解説されていますので、そちらをご覧ください。

 

ケータイで503ステータスが正しく表示できるかが気になるところではありますが、ドコモ:P905i, au:W61CA, ソフトバンク:820Pの3機種で試してみたところ、どれも問題なく表示できました。
(非対応の機種もあると思いますので、このあたり試してみた方はコメント欄などから情報をいただけると助かります)

 

意外と適当になりがちなメンテナンス画面ですが、おざなりになっていたという方は、こちらを参考にしっかり対応してみてはいかがでしょうか。

 

関連: